FC2ブログ

Home > 気付きと学び Archive

気付きと学び Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

信頼関係が全ての最優先事項

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

人間性が見える瞬間とは?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

適正な価格とは?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

自分探しをする人

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

組んではならない人

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

富山県経済・文化長期ビジョン懇話会 青年部会に出席させていただきました。

昨日は、富山県知事政策局が主催する、

「第3回 富山県経済・文化長期ビジョン懇話会 青年部会」が開催されました。

第1回、第2回と30年後の富山県があるべき姿について、

若手の経済人や文化人から活発で奇抜な議論が交わされ、

今回はそれらを総括した発表でした。

冒頭、石井富山県知事からのご挨拶から始まり、

私自身も大変参考となり、

貴重な「体験」と「学び」につながりました事に感謝いたします。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

黒い白鳥

 
 以前、真っ黒な鶏について書かせていただきましたが、
先日、四川省の成都を訪れた際に、黒いハクチョウ(後にコクチョウと判明)を見ました。
鳴き声や格好はハクチョウです。ただ色が黒いという事です。

 英語にはかつて、無駄な努力を表すことわざとして、「黒い白鳥を探すようなものだ」
ということわざがありました。しかし1697年に実際にオーストラリアでコクチョウ=「黒い白鳥」が
発見されました。当時、相当な驚きがあったとの事です。
長年の経験等から来ることわざさえもくつがえすという出来事だったことでしょう。

 日本全国、海外に出張すると、いろいろな経験や発見があり、
自分の持っている常識が他では非常識な事が数多く存在します。

 過去の自分の経験や話だけで先入観にとらわれないよう、
広い見識と柔軟な考え方で物事を進めなけれがならないと反省します。

 これからも益々多くの事を経験し、自分の能力を高めながら、
社員とともに成長して行きたいと思います。

「第1回 中小企業元気とやま賞」受賞のご報告


 先日、富山県が主催する「第1回 中小企業元気とやま賞」の授賞式に参加させていただきました。

式の前に受賞者の方々ともいろいろな情報交換が出来たことが大きな糧となりました。

より多くのすばらしい経営者の方々とお話し出来る機会があったことに大変感謝いたします。

 今年はいろいろな賞を受賞させていただき、大変感謝するとともに、

「もっともっとがんばれ!」と言われているような気がいたします。

今回受賞出来ましたのも、社員や推薦いただいた滑川商工会議所、

そしていつもお世話になっております富山県庁の方々や新世紀産業機構の方々のおかげだと思います。

 気が付けば今年も残り1ヶ月あまりです。

振り返ってみれば、良い事も悪いこともアクシデントも例年以上に多くの出来事があった年のように思います。

多くの経験を積めた事が大きな糧となりました。

 来年に向けてさらなる発展が出来るよう身の引き締まる思いです。

引き続き、事業に精進していきたいと思います。

「EOY 2012 Japan 第1回東海・北陸大会」に参加して


 先日、「EOY 2012 Japan 第1回東海・北陸大会」に参加して参りました。

 EOY = Entrepreneur Of The Year Japan(アントレプレナー・オブザ・イヤー)
の頭文字を取ったもので、日本では新日本有限責任監査法人が主催しております。

 起業家の姿をロールモデルとして紹介し、後に続くアントレプレナーの輩出を支援するため創設された
起業家表彰制度です。

 現在、世界約50カ国で実施されており、過去の世界大会ではデルやアマゾンといった会社の起業家が
受賞しております。

 今回の結果は、残念ながら全国大会に出場できませんでしたが、東海・北陸大会の起業家の方々とお話でき、
改めて皆さんのモチベーションの高さやエネルギーを感じることが出来ました。

 ビジネスモデルとして足りない部分、私自身の足りない部分を十分反省しつつ、
今後の事業展開を進めて行きたいと思います。

 今回もEOY参加に伴い、いろいろな方々からのアドバイスや支援をいただきました。
大変ありがたく感謝すると共に、今後益々の発展が出来るよう精進して参りたいと思います。

新入社員研修を終えて


 3月29日~3月30日にかけて、
当社が入会している経済団体の
合同入社式及び合同新入社員研修に参加してきました。
今回は23社82名の新入社員が参加いたしました。

 合同社員研修では、私が講義する時間もあり、
「社会のしくみと働く意義」
という講義をさせていただきました。

 皆さん私の話を熱心に聞いていただき、
感じたことに対してメモを取っている姿を見て、
嬉しく思いました。

 今年当社は、2名の新入社員を採用させていただき、
3月29日からの研修に引き続き、
4月2日から3日間当社の社員研修を含め、
1年間にわたって資格や講習等の
教育訓練プログラムを予定しております。

 立派な社会人に育つよう社員一丸となって、
一所懸命バックアップしていきたいと思います。

真っ黒な鶏と赤紫のトウモロコシ

 
 先日、仕事で中国を訪れた際、
2つの珍しい物を見ました。

 1つ目は、真っ黒な鶏です。
遠目で見るとまるでカラスが赤いトサカを付けているように見えます。
現地でもカラス鶏と呼ばれているそうです。

 2つ目は赤紫のトウモロコシです。
トウモロコシは黄色しか無いと思っていました。

 他の人から見れば常識かもしれませんが、
私から見れば非常識でした。

 人間は、いつのまにか自分の常識という物を形成してしまいますが、
その常識は実は非常識だったりすることがあります。

 その時に頭は活性化され、
頭の中で新たに何かの情報と繋がります。
非常識は大切だと思いました。
改めて見聞を広め、幅広い経験を積んでいきたいと思います。

経営者に必要な人間性(人格)とは


 先日、ある雑誌を見ていたら大変共感出来る内容が掲載されていました。

経営者に必要な人間性(人格)とは、

誠実さ、正直さ、言行一致、正義、奉仕、忍耐、勇気とのこと。

経営戦略やテクニックがどんなにすばらしくとも、

謙虚さや勤勉さが必要であること。

簡単な言葉にまとめられていますが、これを継続的に実現することは決してたやすくありません。

 また、ピーター・ドラッガーは、以下の言葉も残している。

学ぶことのできない資質、習得することができず、もともと持っていなければならない資質がある。

他から得ることができず、どうしても自ら身につけていなければならない資質がある。

それは、才能ではなく「真摯さ」である。

革新的企業のリーダーに共通するスキルとは?

 
 先日、日本経済新聞に興味深い記事が掲載されていました。

 革新的企業のリーダーに共通するスキルとは、
一見関係なさそうな事柄を「結びつける」思考を持つことだそうです。

 そしてこの「結びつけ」を4つの習慣から得ているとのこと。

その4つとは以下のとおり

・なぜ、どうやってといった疑問を持つこと。
・周囲、外界を注意深く観察すること。
・発見やアイデアを試してみること。
・分野や文化の異なる人々と交流すること。

 どれも非常に重要な要素であると感じます。
当社のビジネスモデルにおいても今あるコア技術を高め、
革新的企業になれるよう益々の努力をしていきたいと思います。

社員からの提案


 まず、この度の震災にて被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 さて、弊社エムダイヤは、
先日「とやまものづくり大賞」において特別賞を頂くことができました。

 ひとえに弊社のお客様や協力会社の方々、県や関係機関の方々、
そして社員の皆様に感謝いたします。

 その際、多くの皆様よりお祝いのお言葉、祝いの品を頂戴いたしました。
誠にありがとうございました。また、特別賞の副賞として、10万円を頂きました。

 この賞金の使い道についていつも頑張って下さってくれている社員への還元を考えていたところ、
社員の方から、「全額、東北関東大震災への義援金にしよう!」と提案してくれました。

 4月1日に、北日本新聞社を通じて預託させていただきました。

 提案してくれた社員、それに賛同してくれた社員のことを誇りに思いました。
今回の震災により取引先の中にも困難を生じている所も少なくありません。

わずかながら、復興へのお手伝いが出来ればと思います。
 

企業の責任について


 先日、近所にあるラーメン屋さんが閉店しました。
富山でも有名なラーメン屋さんで、
辞められる事がとても残念でした。

 最近私が思うことは、事業を維持・継続そして発展させる事が企業の責任であり、
またいかに難しいことかと感じさせられます。

 利益活動を行なう中で多くの難局を乗り越えながら、
これからも着実な年輪経営を行なって行きたいと思います。

人生の勝者とは?

 先日、日本経済新聞を読んでいると、
富士フィルム社長の談話が掲載されておりました。
その中に感銘を受ける内容があったので紹介いたします。

 人生の勝者とは、
世俗的な地位や金銭的な物で決まるものでは無い。

 自分なりに努力し、
自分なりの生き方を貫ける人が、
本来真の勝者であるとありました。

自分なりの生き方をもっともっと
考えて行きたいと思います。

海外展示会のご報告


 年末にさしかかり、今年の目標だった世界各国へのPRと海外動向の調査に行って参りました。
アジア圏においては、11月7日~14日にAPEC横浜が開催されるのに合わせて、
パシフィコ横浜で参考出展させていただきました。

 11月11日~11月21日までアメリカへ行って参りました。
目的は、北米を中心とした当社製品のニーズとマーケットの調査でした。

 手段として3つの展開を行なってきました。
 1つ目は、ワシントンDCにおいて、北米最大のスクラップ組合の理事長との意見交換。
民間団体の代表者とアメリカにおけるリサイクルの流れを確認してきました。

 2つ目は、商社さんを通じて、アメリカの光ファイバーメーカー及びヨーロッパに本社を置く、
光ファイバーメーカーとの商談。

 3つ目は、全米最大級の環境展示会と言われるシカゴの「Green Build 2010」への出展でした。
北米を中心に世界各国の方々とお話しながら、
全米における手応えを十分感じることが出来る展示会でした。
いろいろな方々と出会い、そしていろいろな経験をさせていただきました。

 その後、1週間空けて11月28日~12月7日までフランスへ行って参りました。
目的は、こちらもアメリカ同様にヨーロッパを中心とした当社製品のニーズとマーケット調査でした。

 世界最大級の環境展示会と言われるリヨンの「Pollutec 2010」に出展してきました。
この展示会では、実機も持って行っており、とても大きな反響を得られました。
世界中から2千数百社が参加し、何よりも展示会の広さに驚かされました。
東京ビックサイトの展示会場の広さのホールが10ホールあり、
いろいろなカテゴリに分かれて出展しておりました。
こちらでもいろいろな方々とお会いし、たくさんの商談と情報交換が出来ました。

 また、フランスの展示会で通訳いただきました、イグリ美穂さんの会社を紹介いたします。
日仏コミュニケーションズ
イグリさんは、とても熱心に来場者の対応をしていただき、大変お世話になりました。

 最後に今年の展示会において、
JETROさんをはじめ、多くの関係各位の方々に大変感謝いたします。

バタバタ動き

 先日、富山県の尊敬している経営者の方から下記内容の資料をいただきました。
どこかの文章の引用だと思いますが、最近多忙でちょっと思い当たる節がり、
気をつけようと思います。

 以下内容です。

目標達成の極意は、優先重点とスピード行動で・・・。

 ある熱心な農夫が、いつもより朝早く起き、
来年の大切な食料となるトウモロコシを植えるために、
畑を耕そうとした。

 ところがトラクターの燃料が切れているではないか。
あわてて街に買いに出た。その帰り道、いつもの様にブタの餌をやろうとしたら、
途中でブタの餌をやっていないことを思い出して納屋に餌を取りに行った。

 すると、ジャガイモが発芽しているのを発見した。
これはいけないと思い、ジャガイモの芽をとっているうちに
暖炉の薪が無くなっていることを思い出して薪小屋へ足を運んだ。

 薪を持って母屋へ向かっていると、ニワトリの様子が変である。
どうも病気にかかったらしい。とりあえず応急処置を施して、
薪を持って母屋にたどり着いた頃、日がトップリ暮れていた。

 農夫はヤレヤレ何かとせわしい一日であったと思いながら、
一番大切な畑を耕すことができなかったことに気がついたのは床に入ってからであった。

五戒

 先日、出張に行った際、商談の合間に少し時間があり、
とあるコーヒーショップに立ち寄りました。

 トイレに入ると「五戒」という紙が張られており、
心にしみる言葉だったのでメモしてきました。

その言葉とは・・・。

・辛いことが多いのは感謝を知らないから

・苦しいことが多いのは自分に甘えがあるから

・悲しいことが多いのは自分のことしか分からないから

・心配ごとが多いのは今を懸命に生きてないから

・行き詰まりが多いのは自分が裸になれないから

ドキッとする言葉でした。

顧客とは?

 先日ドラッカーの本を読んでいてふと気になることがありました。

「顧客は誰か」(何を望んでいる方なのか)ということを考えれば、
お客様のニーズをつかめ、何をしたらいのかが明確になってくる・・・
というくだりから、
当社の「顧客」とはどのように言い表せるのか、と。

自分なりの答えとしては「物を大切にする企業」の方が当社の「顧客(お客様)」
なのではないかと。

 また当社に修理を依頼していただけるお客様は、
「機械を大切にされている企業」、
 そしてエコセパレを中心とした環境設備を検討いただけるお客様は
「資源を大切にする企業」と言い表すことができると考えます。

結論:「物を大切にする企業」が当社の「顧客」である!

お客様のニーズに応えていけるよう努めたいと改めて思う次第です。

-「もったいない!」カタチに-
株式会社エムダイヤ

Index of all entries

Home > 気付きと学び Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。